看護師は夜勤がつらい

看護師と言えば、女の子の憧れの職業として定番の職業の一つですが、その現場の大変さは様々な職業の中でもトップクラスだと言われます。

その原因の一つが、夜勤があるということです。夜勤での仕事内容はその病院の規模や働く病棟、また、看護師の人数などによっても変わります。
最近では、慢性的な看護師不足により、病院によっては数十人の患者を1人や2人で担当しなければならないところもあり、ナースコールが鳴るたびに病室に行かなくてはならないため、ろくに仮眠もとれず朝まで働き通しである人もいると言います。

また、働き盛りの20代後半から30代の看護師は、育児などを理由に夜勤をしない人も多く、定年を過ぎた60代の看護師が週に数回の夜勤をこなしているというのも、ごく当たり前にあることです。
もともと人間の体は夜に休むようになっているため、夜勤をしていることで体調に様々な支障が出てしまうケースもあります。

頭痛やめまいなどをはじめ、生活のサイクルが不規則であることで、女性ホルモンの分泌が不安定になり婦人科系の疾患を患ってしまう人もいます。

こういった夜勤をはじめとした看護師の仕事のハードさが、近年の看護師不足を招いている一因と言えるかもしれません。

 

夜勤なしの仕事を探すのも一つの選択肢です。夜勤なしの仕事を探すのにおすすめの求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る