夜勤なしの職場に転勤した体験談③ クリニックの非常勤へ

看護師にとって転職をすることは、もはや当たり前のことになっています。
看護師の数が慢性的に不足していることもあり、他の職業に比べて転職しやすい環境が整っていることもその理由の一つですが、実際にそれをしようとするとなかなか決心ができない人も多くいます。

そこで、参考のために筆者の義妹の転職体験談をご紹介します。

義妹は看護学校卒業後すぐに病床数400床以上の総合病院に勤務し、夜勤などもこなしながら正社員としてバリバリと働いていました。
その後、結婚した後も職場から引きとめられてなかなかやめられず、新婚でありながら筆者の弟である夫とは遠距離で別居状態が半年ほど続きました。

結婚を機に職場を退職し、子供が生まれ生後6カ月頃、自宅の近所にできた整形外科にアルバイトとして勤務し始めました。

赤ちゃんがいるということから「午前中だけ、週に2日」という条件で働いていましたが、乳幼児の育児と看護師の仕事の両立はやはりきつく、半年ほど勤めて辞めました。

今は2人目を妊娠中ですが、その子供が生まれて1歳頃になったら子供を保育園に預けてすぐに復帰すると言っています。
義妹曰く、看護師の資格があればどこの病院からも引く手あまたであるため、ニーズの高い若い年齢のうちに復帰し、今後のためのキャリアを積みたいそうです。

 

編集員の義妹の場合は、子どもが小さかったということで非常勤でも続けるのが難しくなってしまったのですが、また復帰ができるし、引く手あまたというのが看護師さんならではの強みですね。

いちど非常勤になっても、また常勤として復帰もできるというのが、他の職業にはないメリットだと思います。

 

そのほかの体験談

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師夜勤なしの求人探しへ戻る