夜勤なしの職場に転職した体験談① 健診センターに転職

当サイト編集員の現役看護師による転職体験談です。

 

私は、夜勤がある大きな病院を退職して、夜勤の無い比較的自由な職場に転職した事があります。

そこは、依頼された企業を回って集団検診をする会社で、日曜日の出勤がなく、夜勤もない日勤常勤の仕事でした。

そこの仕事は、毎朝出勤すると、健診車のバスにのり依頼された会社に出かけていきます。
毎日違う場所に出かけるので、ドライブ感覚で仕事ができるという楽しみもありました。

仕事の内容は血圧測定、検尿や採血、心電図やレントゲンなどでした。
命にかかわる病気やけがをした人の治療と違い、健康な方を相手にするので、精神的にも楽でした。

会社の従業員が列を作って順番に検査を受け、昼ごろには、集団検診が終わります。

しかも、昼食は殆ど企業側で準備してくれるので、経済的な面でもメリットがありました。
1日に2か所か3か所の企業を回りますが、隣の県の会社から依頼される場合には、1日に1か所しか回れなかったりします。

健診センターの仕事は、夜勤も時間外勤務もないので、病院勤務よりももちろん給料は安価です。
しかし肉体的にも精神的にもゆとり持って仕事が出来たのがとても良かったです。

それまでの忙しい勤務とは異なっていたのですが、人生にはそんな時が必要な時がありますね。
しっかりとリフレッシュできました。

 

夜勤を続けられない事情ができたとき、こういったゆとりのある職場に転勤するというのは、大切なことだと思います。
また、バリバリと働きたくなったときに、再度転職するということもできます。→体験談②へ

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る