看護師から保健師になれる?

看護師と保健師の違い

看護師は、病院やその他の関係機関で、すでに病気やけがをした人の治療に携わるのが基本的な仕事になります。
一方、保健師とは、行政の保健センター(保健所)などで、病気やけがについての知識を広めたり、そうならないために予防し、それを手伝うという役割を担います。
看護師は、看護師の国家試験に合格すれば資格を得ることができますが、保健師は看護師の国家試験だけではなく、保健師の国家試験にも合格することが必要になります。

 

看護師から保健師になるには?

看護師から保健師になるためにはまず、保健師の国家資格を取得することが必要になります。
保健師の国家試験を受験するためには、看護師の国家資格を持っていることと、6カ月以上の保健師養成課程を修了させることが条件です。

保健師養成課程は、専門学校もしくは大学、大学院に入学する必要があるので、保健師に転職するためにはまず、退職して保健師養成のための学校に入る必要があるでしょう。

中には、非常勤の仕事も続けながら、学校に入るという人も数は少ないですがいるそうです。
ただ、その場合も、自分も非常に大変ですし、職場や学校がそれを許してくれるか、よく確認する必要があるでしょう。

大学や大学院に入るとなると経済的にも、かかる年数の長さも負担が大きいですが、専門学校では1年で養成課程を修了できますし、現実的なのは専門学校に入学することだと思います。

リクナビ進学などのサイトで、保健師養成課程がある専門学校を検索できます。

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る