日勤常勤にする?パートにする? 看護師の夜勤なしの働き方

夜勤のない仕事には、日勤常勤とパートという二種類がありますが、これらにはそれぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

日勤常勤で働くことでの最大のメリットは、賞与があるという点です。

残業や有給休暇、諸手当などの福利厚生なども充実しており、労働者としてしっかりと保障されていることで、安心して働くことができます。

また、勤務時間がきちんと決まっており、規則正しい生活リズムが確保できるため、結婚後も仕事を続けたいと思う人や、育児や家事を両立させながら活躍している人も多くいます。
デメリットとしては、正社員であることで職場での責任も重く、病院によっては残業も頻繁にあるということです。

一方、パートで働くことのメリットとは、プライベートの時間を確保しやすいということです。

残業も日勤常勤に比べると比較的少なく、例えば、夜間は趣味のために学校に通いたいから平日の夕方までと時間を決めて働くとか、夫の扶養内で働きたいから週に2日しか出勤しないなど、その人の生活スタイルに合わせて働き方を選ぶことができます。

幼い子供を育児中の主婦にも、パートでの勤務は人気のある働き方です。

ただ、看護師として、正社員と同じ仕事をこなしていながら給料が少ないことや、ボーナスが出ないなどの不満を持つケースも多くあり、それがデメリットだと言えるでしょう。

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る