夜勤なしの求人探しのチェックポイント

看護師 夜勤なしの職場を探すときのチェックポイント

夜勤なしの仕事で、とくに、日勤常勤の仕事など、条件の良い求人を見つけるには、いくつかのコツがあります。
仕事探しのポイントをまとめました。

 

チェックポイント1 残業はどのくらいある?忙しさは?

夜勤がなくなっても、残業が多かったり、とても忙しいハードな職場だったりすると、体力的なつらさは変わらないか、むしろ逆に大変だったなんてこともあり得ます。

本当のところ、残業はどのくらいあるのか、どんな患者さまが一日何人くらいいるのかなどの現場の声を聞けると実際のところが一番よく分かります。

 

チェックポイント2 給与はいくらくらい?

夜勤なしの日勤だけの仕事では、夜勤手当がなくなる分、夜勤をしていたころよりお給料がずいぶん下がってしまうことも多いです。

また、日勤常勤の仕事を探しても、なかなか見つからず、非常勤やパートの仕事しかないということもあります。

 

チェックポイント3 仕事内容の希望は?

夜勤なしの看護師さんの仕事の中には、福祉施設や治験コーディネーターなど、病院以外の職場も多いです。
自分がどんな職場で働きたいのか、あらためて考えてみましょう。
こういった現場の中には、未経験者も受け入れているところもあり、思い切って新しい仕事に挑戦するのも一つです。

 

チェックポイント4 夜勤のある部所への異動の可能性は?

大病院の日勤専従の仕事についた場合など、はじめは日勤だけでも、いずれは夜勤のある部署に異動になるケースもあります。
また、最近増えてきている訪問看護ステーションでは、日中だけの営業だったはずが、24時間制に変わったところもあり、夜勤が始まるといったこともありました。

今後は日勤の仕事を続けたいという場合は、夜勤になる可能性がこの先あるのかも要チェックです。

 

チェックポイント5 将来どんなキャリアを積みたいか

チェックポイント3とも関係しますが、将来のためにどんなキャリアを積みたいのか、今後のキャリアプランも考えましょう。
日勤で働くデメリットとして、病棟での経験が積めないことがあります。
キャリアアップについて、相談にのってくれる人を見つけるのも良いと思います。

 

TOP 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る