作成者別アーカイブ: mammy

転職に役立つ関連資格

看護師の資格を持っていても、他の資格があればより転職時に役に立つことがあります。
また医療機関だけではなく、より広範囲の看護師求人の中から職場選びが出来ます。

看護師は比較的高収入と言われます。
より高収入を期待して看護師に関連する資格を取得することも、転職には役立ちます。

関連資格といえば、認定看護師や専門看護師、社会福祉士などがあります。
また介護支援専門員(ケアマネージャー)や保健師、養護教員などの資格もあります。

自分の関心や興味のある分野の資格取得を目指してみましょう。
その方が勉強する意欲がわき、資格取得できやすくなります。

私は介護支援専門員の資格を取得しています。
しかしハローワークなどで調べても、看護師の求人の方が介護支援専門員よりも給料が高額だったのです。

結局介護支援専門員の資格は取得していますが、役立てることもせず看護師の仕事をしています。
職場によっては、看護師と介護支援専門員の両方の資格を持っている看護師を募集しているところもあります。

自分が仕事をしたいと思う職場を選択する事が大切ですね。
関連資格を取得して、転職に役立たせることができればそれに勝る事はありません。

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

当サイト編集員 ベテラン看護師からのアドバイス

当サイト編集に協力していただいた、勤続歴30年以上のベテランの現役看護師さんから、夜勤なしで働きたい看護師さんへのアドバイスをいただきました。

夜勤なしで働きたい看護師さんへ

夜勤の回数が多くて、身体がなかなか元に戻らない事がありますよね。
いつまでたっても疲労感が取れないのです。

元気にならないうちに次の夜勤がまた来るのです。
夜勤の回数を減らしてほしいと、看護師長に頼んでも無駄です。

夜勤の勤務時間が終わっても、仕事がまだ終わらないなんてこともあります。

若い時にはまだ良いのですが、中高年になって看護師の仕事はきついものがありますね。
夜勤の無い職場で勤務したいと願い看護師は私の周りでも、やはり少なくないです。

看護師だからって、夜勤のある職場で働かなきゃいけないわけじゃない。

まず、自分が元気であることが、患者さんのために働く第一条件でもあるんです。

 

夜勤なしで働きたい看護師さんの職場選び

夜勤の無い職場で働く事を希望する看護師は、勇気を出して希望する職場探しをすればよいのです。
看護師不足の現代ですし、看護師の求人はとても多いです。

看護師として働く職場の幅もとても広いのです。
医療機関の他にも、福祉施設や一般の会社などがあります。

デイサービスやクリニック、訪問看護センターや集団検診の仕事、一般の企業での看護師の仕事など多くあります。
常勤でも夜勤の無い職場は多いですが、非常勤ならなおさら多いです。

夜勤なしでも看護師として十分働く事が出来ます。
希望する働きやすい職場探しをしてみると、思ったよりも簡単に条件に合う職場が見つかったりしますよ。

私の転職体験談はこちらです

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探し

新卒の看護師は夜勤なしで働ける?

夜勤なしの求人を探すとき、新卒の方でも夜勤なしの求人を見つけることができるでしょうか?

夜勤なしの看護師求人の場合、経験者が優遇されることも少なくありません。

というのも、夜勤なしの求人があるのは、比較的小規模のクリニックなどが中心になるので、大規模な病院と違い、新卒の看護師さんを育てる余力がない場合も多いのです。

キャリアを積むという面で考えても、新卒のうちは、夜勤ありの大病院で病棟看護師としての経験を積み、そのあとに結婚や出産をきっかけに、個人クリニックなどに転職するという方が多いです。

ナースフルの調査では、20代前半の方は96%が夜勤なりの常勤という形で働いています。

 

もっとも、4%の方たちは、夜勤なしの日勤常勤で働いてるので、ごく少数とはいえ、新卒のうちから夜勤なしで働くという方もいるでしょう。

新卒でも、夜勤なしの職場(クリニックや、訪問看護ステーション、デイケア施設、治験コーディネーターなど)に勤めたいという考えのある方は、看護師求人サイトに登録して、専門コンサルタントの方に相談してみるのも一つかもしれません。

 

おすすめサイト ナースフル
看護学生応援サイトなどもあり、新卒の方の就活もサポートしています!

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

看護師 夜勤なしの年収は?夜勤なしで働くときの給料について

夜勤なしで働く看護師さんの年収は、夜勤ありの場合とどのくらい違うのでしょうか?

夜勤なしの日勤専従の場合、夜勤手当がつかないぶん、給料は病棟勤務より低いことが多いです。一般に、年収にすると300万円台から、400万前後でしょうか。夜勤がある場合と比べて、年収が100万円前後違うようです。
ただ、それも職場によって様々です。

中には、夜勤なしでも年収600万円以上という病院もありますが、給料が高い理由についてはよく吟味しなくてはいけません。

非常に激務だったり、勤務条件に何か問題があり、看護師が不足している場合もあるので、その職場で実際に働く人の声を聞いたりして、残業はどのくらいあるのかなど、実情を調べておくのが良いでしょう。

 

看護師専門の求人サイトを利用することで、実際の職場の雰囲気も専門のコンサルタントが確かめて、アドバイスをもらえます。 ⇒夜勤なしの求人を探すポイントと、おすすめの求人サイト

また、美容外科勤務や治験コーディネーターは、一般的な看護師の仕事とは違う専門的な仕事をしますが、年収が高いことが多いです。⇒夜勤なしの職場

 

年収が下がってしまったとしても、夜勤なしで働くことで得られるものも多いです。

看護師として働き続ける上で、何を大切にしたいか、自分にあうのは、どんな職場なのか、じっくり考えて職場を決めるようにしましょう。

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

 

看護師夜勤なしの職場⑨ 産業看護師

産業看護師とは

企業内で専属看護師として業務に当たる看護師で、その企業の社員として勤務します。

看護の対象は企業内の社員のみ、という所が大きな特徴で、社員の健康管理に加え、最近では心理カウンセラーのような役割を果たす事もあるようです。

産業看護師として勤務するには、日本産業衛生学会産業看護部会の教育を受けるなど、一定の規定を満たす必要があります。

 

産業看護師の仕事と勤務条件

産業看護師は、企業内に勤める社員を対象とした医療行為の補助、健康相談や指導を行います。
体調不良で医務室を訪れた社員に、提携医療機関での受診をすすめたりする事もあります。

産業看護師には、日本産業衛生学会産業看護部会という学会があり、そちらの研修を受けることで、「産業看護師」として学会登録することができます。

研修を受ける以外に、実務経験数、専門教育を受けた期間、一般衛生管理免許取得、などの条件があり、産業看護師の敷居は高めです。

認定を受けたあとも5年ごとに更新を行わなければならず、生半可な気持ちでは続けていけません。

その代わり、大企業の社員という扱いになるので、週休2日、夜勤なし、福利厚生や給与面でもかなり充実しています。

産業看護師は人気の職業で競争率が高く、一般には求人がなかなか出回らないということもあり、勤務先を見つけるのは容易ではないでしょう。

 

産業看護師での夜勤なしの仕事を探すときの注意点

産業看護師は一般企業での採用になり、夜勤なしの日勤で、残業も少ないのが一般的です。

ただし、産業看護師の求人自体が少なく簡単に見つけることは難しいので、他の日勤職も含めて、幅広く自分の希望する勤務条件の仕事を探すのがおすすめです。

看護師求人の専門サイトでは、コンシェルジュに相談しながら、自分の希望にあった職場を探すことができます。

 

>>おすすめの転職サイトは、Topページ 看護師 夜勤なしの仕事探し!へ

 

看護師夜勤なしの職場⑧ 治験コーディネーター

治験コーディネーターとは

治験コーディネーター(CRC)とは、新薬開発の際に行われる臨床試験を適切に行うために、製薬会社と病院の間の橋渡しをする仕事です。

治験前の勉強会では製薬会社から今回の治験についての説明を受け、治験開始前には、病院関係者に注意事項や治験目的などの概要を伝えるミーティングを担当します。

また、実際に臨床試験を受ける被験者への説明、心理面でのケアなども行います。
治験施設支援機関(SMO)所属で、各病院に派遣されるCRCと、病院所属で看護師や薬剤師がCRC業務を行っているパターンとがあります。

 

治験コーディネーターの仕事と勤務条件

CRCはとてもやりがいがありますが大変忙しい仕事です。
勉強会、関係者ミーティング、被験者へのスクリーニング、被験者への面談を行い、治験が終われば報告書を作成します。
勤務時間外でも勉強や資料作りなどの事務作業は多く、可能であれば家に仕事を持ち帰ることもあるようです。

看護師の資格を持っていればCRC業務を行うことが出来ます。

勤務条件は勤務形態(SMO所属か病院所属か)によって異なりますが、給与面で普通の一般病棟の看護師より優遇されていて、公認CRC、認定CRCなどの関連資格を取得すれば、さらに手当がついて給与はアップします。
また、基本的に夜勤はなく、日勤での勤務になります。

大変やりがいがあり、待遇も期待できるCRCですが、治験中に問題があれば、勤務時間外に呼び出しになるという場合もあり、常に緊張感を持っていなければいけません。
また、年齢制限はありませんが実質40代以上はCRCとして採用されにくい、というのが現状です。

 

治験コーディネーターで夜勤なしの求人を探すときの注意点

SMOで働く場合は看護師としてではなくCRCとしてなので、残業はあっても夜勤なしという場合が多いでしょう。
病院にCRC担当として所属する場合も、一般的には通常業務を行う看護師とは区別され、夜勤なしの日勤のみが基本です。

ただ、場合によっては、休日や夜間に患者に問題があれば、当番CRCが呼び出しされるという職場もあり、その可能性についても確認しておくようにしましょう。

 

夜勤なしの求人を探すには、看護師転職サイトがおすすめ!

看護師転職サイトを利用することで、専任のコンサルタントが実際の職場の雰囲気や、残業の有無など、求人情報からだけでは分からない生の現場の様子も見てアドバイスをしてくれますし、病院との勤務条件の交渉もしてくれます。

転職サイトに登録すると、給与などの条件が良い非公開案件も見ることができ、自分の希望にあった職場を探しやすいです。
登録は無料でできますし、いくつかのサイトに登録して、良い求人を探すと良いでしょう。

 

>>おすすめの転職サイトは、Topページ 看護師 夜勤なしの仕事探し!へ

 

看護師夜勤なしの職場⑦ 訪問看護ステーション

訪問看護ステーションとは

訪問看護ステーションとは、在宅で療養している患者さんの家を看護師などが訪問して、医師から指示された医療行為やリハビリテーションを行うものです。
患者のかかりつけ医の指示で医療保険で訪問看護を利用するか、ケアマネージャーの依頼で医師の指示が出て介護保険で利用することができます。
訪問看護ステーションでは、24時間体制の施設もありますが、日中のみのサービスをしているところも多く、夜勤なしで働きたい看護師さんたちに注目されている職場です。

 

訪問看護ステーションでの仕事内容・勤務条件

訪問看護ステーションでの看護師の仕事は、患者さんの家を訪問して、健康状態を観察したり、入浴や排せつの介助、リハビリテーション、医療機器や薬剤などの管理などです。
自宅で療養を続ける患者さんにとって、看護士さんが訪問して、あたたかい言葉をかけてくれるのは、とても励ましになるそうです。
訪問看護ステーションでの一日の流れは、出勤後朝のミーティングをしたら、午前の訪問看護に向かい、昼食でステーションに戻って、記録をとり、午後の訪問看護をします。
午後の訪問看護が終わって戻ってから、記録をつけて一日の仕事が終わります。

訪問看護ステーションの勤務条件は、日勤のみで週休2日制(土日休み)のところが多く、また、給与も比較的高く、夜勤手当がなくても、病棟看護師の給与と大差がないことが多いようです。

 

訪問看護ステーションで夜勤なしの求人を探すときの注意点

訪問看護ステーションで夜勤なしの求人を探すときの注意点としては、夜勤がないとはいえ、多忙な職場が多いことです。
実際に勤務についてみたらとても忙しくて、かえって前の職場のほうが楽だったという方もいるので、転職前に、その職場がどれほど忙しいか、残業はあるのかなど、実情を知ることができると良いでしょう。
また、いまは夜勤なしで働ける職場でも、24時間体制に拡大する予定のある訪問看護ステーションだと、将来的に夜勤のローテーションが始まる可能性もあるので、注意が必要です。

 

夜勤なしの求人を探すには、看護師転職サイトがおすすめ!

看護師転職サイトを利用することで、専任のコンサルタントが実際の職場の雰囲気や、残業の有無など、求人情報からだけでは分からない生の現場の様子も見てアドバイスをしてくれますし、病院との勤務条件の交渉もしてくれます。

転職サイトに登録すると、給与などの条件が良い非公開案件も見ることができ、自分の希望にあった職場を探しやすいです。
登録は無料でできますし、いくつかのサイトに登録して、良い求人を探すと良いでしょう。

 

>>おすすめの転職サイトは、Topページ 看護師 夜勤なしの仕事探し!へ

 

看護師夜勤なしの職場⑥ 健診センター

健診センターとは

健診センターとは、一般的な健康診断や人間ドックなどの身体の状態について総合的に診断してくれる保健所などの施設をさします。
自営業などの会社で定期健診を受ける機会のない方が利用することが多く、基本的には予約制となっています。
月曜日は胃がん健診、火曜日は乳がん健診、のように曜日によって受け付ける内容が違う場所が多いようです。

 

健診センターでの看護師の仕事、勤務条件

健診センターでの看護師の仕事内容は問診、身体測定、尿検査、血液検査などの決められた流れに沿って受診者を手伝うことです。
心電図などは専門の技師が行いますし、内診の際も医師の補助役ですので業務内容はそんなに難しくありません。

健診センターで働くスタッフは、保健所(保健センター)の場合は、公務員となります。それ以外にも、企業が経営する健診センターなどがあり、看護師専門の求人サイトなどで求人を見つけることができます。
センター自体が半日しかやっていないことも多く、事務作業はほとんど事務員が行いますので、看護師は早く帰ることができます。
このゆとりのある勤務形態で、身体的な負担は少ないですがそのぶん、給与はあまり期待できません。
仕事内容はほとんど単調な流れ作業なので、スキルアップではなく夜勤なしがいい、時間にゆとりがほしい、安定した職場がいい、という看護師にはおすすめです。

 

健診センターでの夜勤なしの求人を探すときの注意点

健診センターでは基本的に夜勤なしです。
公的な保健所などの健診センターの場合、保健師の募集は多いのですが、自治体によっては看護師の募集自体行っていない場合もあります。国家試験に合格する必要がありますが、保健師に転職するという選択肢もあるでしょう。
看護師専門サイトでは、おもに企業経営型の健診センターの求人を扱っています。

 

>>おすすめの転職サイトは、Topページ 看護師 夜勤なしの仕事探し!へ

 

看護師夜勤なしの職場⑤ 介護福祉施設

介護福祉施設とは

介護福祉施設とは一般的に,特養・老健・有料老人ホームなどのことをいいます。
福祉施設も看護師が活躍できる職場のひとつです。今後ますますの高齢化が進むと予想されているので、看護師のニーズが特に高い領域です。

福祉施設は、医療機関とは異なる領域なのでお仕事の質も異なります。
生活の場で一人ひとりの対象者とかかわることなどに興味のある方には、理想的な職場になるかもしれません。

現に、医療機関よりも介護福祉施設のほうが適性があるという方も少なくないそうです。

 

介護福祉施設での看護師の仕事内容、勤務条件

福祉施設は生活を送る場なので、通常の病院とは、お仕事の内容も異なります。

介護福祉施設で看護師に求められるお仕事は医療行為よりも、日常の健康管理や、介護業務がメインになることがあります。

具体的には、血圧管理や問診、胃ろうなどの医療器具や、服薬の管理などが中心になります。
一方で、医師が常駐していない施設では、急変時などに様々な判断が求められます。そのため、経験豊かな看護師が求められることもあります。

夜勤やオンコールが多そうなイメージもありますが、施設によっては夜勤やオンコール無しの求人もあり、介護福祉施設での日勤常勤のお仕事では、急変などがなければ定時で終了することが多いでしょう。
上手に求人を選ぶことで、柔軟なお仕事をすることができます。

 

介護福祉施設で夜勤なしの求人を探すときの注意点

介護福祉施設で夜勤無しの求人を探すときは、様々な求人を見つけることが重要になります。夜勤の有無、頻度は施設により大きく異なります。

施設によっては夜勤なしはもちろん、常勤・非常勤の相談・勤務時間の相談などに応じてくれるところもあり、
看護師の需要が高い施設ほどこうした交渉に応じてくれる可能性が高くなります。

個人で幅広い求人を見つけ、精査することが難しい場合は、看護師転職サイトを利用すると、夜勤なしなどの希望にあった求人を提示してくれて、施設との勤務条件の交渉もおこなってくれます。

 
>>おすすめの転職サイトは、Topページ 看護師 夜勤なしの仕事探し!へ

 

看護師夜勤なしの職場④ 保育園

保育園とは

保育園とは日中仕事などで保護者がいない0歳~就学前の子供を集団で預かる施設で、保育所という言い方もされますが同じものです。
基本的には健康な子供達が主な利用者となります。

認可保育所と認可外保育所があり、前者は一定の基準を満たして市などから許可を得た施設、後者は申請のみで登録ができる施設です。
認可外保育所の中には24時間子供の受け入れ態勢をしているところもあります。

 

保育園での看護師の仕事、勤務条件

保育園での看護師の主な仕事は、子供達への衛生面での指導(手洗い、うがい)などを行い、健康管理をすることです。
子供の急な発熱やケガの場合は、保護者を呼び病院に連れて行くほうがいいか、経過観察が適切か、などを判断します。

また小さな子供が多く集まる保育園では、感染症がいったん流行りだすとあっという間に広がることも多く、そのための子供や職員への指導、消毒などの衛生管理など、看護師の的確な対応が求められます。

保育園での勤務条件は、給与面ではあまり好条件な所は多くありませんが、その分重篤な症状の患者に接する病院とちがい、プレッシャーは少ない仕事です。

待遇はその施設が「認可」か「認可外」によっても変わってきます。
雇用の安定性という点では、認可保育所ですが、最近は認可外保育所にも健全な経営を行っている所が多いですので、あまりこだわらずに探すといいでしょう。
小さい子供が好き、のんびり仕事がしたい、夜勤なしがいいという看護師にはおススメです。

 

保育園で夜勤なしの求人を探すときの注意点

認可保育所の場合は7時から19時まで、(ごく一部では22時まで)開園しているのが一般的なので、残業はあっても、基本的には夜勤なしです。
ただし、24時間開園している事もある認可外保育所での求人を探す場合は少し注意が必要です。
「夜勤なし日勤のみ」という約束で入っても、業務に慣れてきた頃になって夜勤を求められるケースもあります。
夜勤なしで、また、残業時間もあまりない職場を希望する場合は、その保育園の開園・閉園時間や、残業の有無もよく確認しましょう。

 

夜勤なしの求人を探すには、看護師転職サイトがおすすめ!

看護師転職サイトでは、保育園の看護師募集の求人もふくめて、夜勤のない仕事も多数扱っています。

夜勤がないなどの希望の勤務条件を伝えることで、専任のコンサルタントが、ご自身にあった職場を提案してくれます。

>>おすすめの転職サイトは、Topページ 看護師 夜勤なしの仕事探し!へ