作成者別アーカイブ: mammy

夜勤なしの求人探しのチェックポイント

看護師 夜勤なしの職場を探すときのチェックポイント

夜勤なしの仕事で、とくに、日勤常勤の仕事など、条件の良い求人を見つけるには、いくつかのコツがあります。
仕事探しのポイントをまとめました。

 

チェックポイント1 残業はどのくらいある?忙しさは?

夜勤がなくなっても、残業が多かったり、とても忙しいハードな職場だったりすると、体力的なつらさは変わらないか、むしろ逆に大変だったなんてこともあり得ます。

本当のところ、残業はどのくらいあるのか、どんな患者さまが一日何人くらいいるのかなどの現場の声を聞けると実際のところが一番よく分かります。

 

チェックポイント2 給与はいくらくらい?

夜勤なしの日勤だけの仕事では、夜勤手当がなくなる分、夜勤をしていたころよりお給料がずいぶん下がってしまうことも多いです。

また、日勤常勤の仕事を探しても、なかなか見つからず、非常勤やパートの仕事しかないということもあります。

 

チェックポイント3 仕事内容の希望は?

夜勤なしの看護師さんの仕事の中には、福祉施設や治験コーディネーターなど、病院以外の職場も多いです。
自分がどんな職場で働きたいのか、あらためて考えてみましょう。
こういった現場の中には、未経験者も受け入れているところもあり、思い切って新しい仕事に挑戦するのも一つです。

 

チェックポイント4 夜勤のある部所への異動の可能性は?

大病院の日勤専従の仕事についた場合など、はじめは日勤だけでも、いずれは夜勤のある部署に異動になるケースもあります。
また、最近増えてきている訪問看護ステーションでは、日中だけの営業だったはずが、24時間制に変わったところもあり、夜勤が始まるといったこともありました。

今後は日勤の仕事を続けたいという場合は、夜勤になる可能性がこの先あるのかも要チェックです。

 

チェックポイント5 将来どんなキャリアを積みたいか

チェックポイント3とも関係しますが、将来のためにどんなキャリアを積みたいのか、今後のキャリアプランも考えましょう。
日勤で働くデメリットとして、病棟での経験が積めないことがあります。
キャリアアップについて、相談にのってくれる人を見つけるのも良いと思います。

 

TOP 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

夜勤なしの職場に転勤した体験談③ クリニックの非常勤へ

看護師にとって転職をすることは、もはや当たり前のことになっています。
看護師の数が慢性的に不足していることもあり、他の職業に比べて転職しやすい環境が整っていることもその理由の一つですが、実際にそれをしようとするとなかなか決心ができない人も多くいます。

そこで、参考のために筆者の義妹の転職体験談をご紹介します。

義妹は看護学校卒業後すぐに病床数400床以上の総合病院に勤務し、夜勤などもこなしながら正社員としてバリバリと働いていました。
その後、結婚した後も職場から引きとめられてなかなかやめられず、新婚でありながら筆者の弟である夫とは遠距離で別居状態が半年ほど続きました。

結婚を機に職場を退職し、子供が生まれ生後6カ月頃、自宅の近所にできた整形外科にアルバイトとして勤務し始めました。

赤ちゃんがいるということから「午前中だけ、週に2日」という条件で働いていましたが、乳幼児の育児と看護師の仕事の両立はやはりきつく、半年ほど勤めて辞めました。

今は2人目を妊娠中ですが、その子供が生まれて1歳頃になったら子供を保育園に預けてすぐに復帰すると言っています。
義妹曰く、看護師の資格があればどこの病院からも引く手あまたであるため、ニーズの高い若い年齢のうちに復帰し、今後のためのキャリアを積みたいそうです。

 

編集員の義妹の場合は、子どもが小さかったということで非常勤でも続けるのが難しくなってしまったのですが、また復帰ができるし、引く手あまたというのが看護師さんならではの強みですね。

いちど非常勤になっても、また常勤として復帰もできるというのが、他の職業にはないメリットだと思います。

 

そのほかの体験談

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師夜勤なしの求人探しへ戻る

 

 

看護師から保健師になれる?

看護師と保健師の違い

看護師は、病院やその他の関係機関で、すでに病気やけがをした人の治療に携わるのが基本的な仕事になります。
一方、保健師とは、行政の保健センター(保健所)などで、病気やけがについての知識を広めたり、そうならないために予防し、それを手伝うという役割を担います。
看護師は、看護師の国家試験に合格すれば資格を得ることができますが、保健師は看護師の国家試験だけではなく、保健師の国家試験にも合格することが必要になります。

 

看護師から保健師になるには?

看護師から保健師になるためにはまず、保健師の国家資格を取得することが必要になります。
保健師の国家試験を受験するためには、看護師の国家資格を持っていることと、6カ月以上の保健師養成課程を修了させることが条件です。

保健師養成課程は、専門学校もしくは大学、大学院に入学する必要があるので、保健師に転職するためにはまず、退職して保健師養成のための学校に入る必要があるでしょう。

中には、非常勤の仕事も続けながら、学校に入るという人も数は少ないですがいるそうです。
ただ、その場合も、自分も非常に大変ですし、職場や学校がそれを許してくれるか、よく確認する必要があるでしょう。

大学や大学院に入るとなると経済的にも、かかる年数の長さも負担が大きいですが、専門学校では1年で養成課程を修了できますし、現実的なのは専門学校に入学することだと思います。

リクナビ進学などのサイトで、保健師養成課程がある専門学校を検索できます。

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

夜勤なしの職場へ転職した体験談② 病院の日勤常勤や老人ホーム

筆者の義母の転職体験談です。

地方から出てきて都市部で看護師として大病院に就職しましたが、その後結婚、子供が欲しいとの理由で退職をしました。
二人の子供を授かり、順調にいけばすぐにでも看護師の職に復帰しようと考えていたようですが、2人目の子供に心臓の疾患が見つかって大手術をし、その後も体力がなく、周りよりも一回り体も小さなその子を案じてなかなか復帰できない状態でした。

しかし、看護師の仕事が好きという気持ちが忘れられず、下の子供が小学校3年生の10歳になったのを機に再び正社員として病院に就職しました。
はじめは日勤常勤で働いていましたが、病院側から夜勤をしてほしいと言われるようになり、当時、子供のために日勤を希望していた自分の条件と合わずに再度退職。

ホスピスや老人介護の病棟勤務経験があったことから、一時期は老人ホームなどでも勤務していましたが、その後、現在の総合病院に就職し、2人目の子供が中学生になった頃から夜勤を再開しました。

今では60歳を超える義母ですが、今でも月に4日から7日ある夜勤をこなし、仕事が休みの日には日勤でのアルバイトもするなど、体力の続く限り看護師の仕事を続けたいとやりがいを感じている様子です。

 

一度退職したり、老人ホームに転職しても、育児が一段落すればまた病棟勤務に戻ることもできます。

通常の仕事では、一度仕事をやめてしまうとなかなか同じように正社員で再就職するのが難しかったりしますが、看護師の資格があれば、また病院に戻ることもできるのは大きな強みですね。

なお、病院の日勤常勤では、義母のケースのように、夜勤をしてほしいと頼まれてしまう可能性があるのがひとつデメリットかもしれません。

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

 

Top 看護師夜勤なしの求人探しへ戻る

 

夜勤なしの職場

看護師さんが夜勤なしで働ける職場はどのようなところがあるでしょうか?
代表的な職場とそれぞれのメリット、デメリットをまとめました。(クリックで詳細へ)

 

 

おすすめの看護師求人サイトは、Top 看護師 夜勤なしの求人探し

 

日勤常勤にする?パートにする? 看護師の夜勤なしの働き方

夜勤のない仕事には、日勤常勤とパートという二種類がありますが、これらにはそれぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

日勤常勤で働くことでの最大のメリットは、賞与があるという点です。

残業や有給休暇、諸手当などの福利厚生なども充実しており、労働者としてしっかりと保障されていることで、安心して働くことができます。

また、勤務時間がきちんと決まっており、規則正しい生活リズムが確保できるため、結婚後も仕事を続けたいと思う人や、育児や家事を両立させながら活躍している人も多くいます。
デメリットとしては、正社員であることで職場での責任も重く、病院によっては残業も頻繁にあるということです。

一方、パートで働くことのメリットとは、プライベートの時間を確保しやすいということです。

残業も日勤常勤に比べると比較的少なく、例えば、夜間は趣味のために学校に通いたいから平日の夕方までと時間を決めて働くとか、夫の扶養内で働きたいから週に2日しか出勤しないなど、その人の生活スタイルに合わせて働き方を選ぶことができます。

幼い子供を育児中の主婦にも、パートでの勤務は人気のある働き方です。

ただ、看護師として、正社員と同じ仕事をこなしていながら給料が少ないことや、ボーナスが出ないなどの不満を持つケースも多くあり、それがデメリットだと言えるでしょう。

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

看護師は夜勤がつらい

看護師と言えば、女の子の憧れの職業として定番の職業の一つですが、その現場の大変さは様々な職業の中でもトップクラスだと言われます。

その原因の一つが、夜勤があるということです。夜勤での仕事内容はその病院の規模や働く病棟、また、看護師の人数などによっても変わります。
最近では、慢性的な看護師不足により、病院によっては数十人の患者を1人や2人で担当しなければならないところもあり、ナースコールが鳴るたびに病室に行かなくてはならないため、ろくに仮眠もとれず朝まで働き通しである人もいると言います。

また、働き盛りの20代後半から30代の看護師は、育児などを理由に夜勤をしない人も多く、定年を過ぎた60代の看護師が週に数回の夜勤をこなしているというのも、ごく当たり前にあることです。
もともと人間の体は夜に休むようになっているため、夜勤をしていることで体調に様々な支障が出てしまうケースもあります。

頭痛やめまいなどをはじめ、生活のサイクルが不規則であることで、女性ホルモンの分泌が不安定になり婦人科系の疾患を患ってしまう人もいます。

こういった夜勤をはじめとした看護師の仕事のハードさが、近年の看護師不足を招いている一因と言えるかもしれません。

 

夜勤なしの仕事を探すのも一つの選択肢です。夜勤なしの仕事を探すのにおすすめの求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

夜勤なしの職場に転職した体験談① 健診センターに転職

当サイト編集員の現役看護師による転職体験談です。

 

私は、夜勤がある大きな病院を退職して、夜勤の無い比較的自由な職場に転職した事があります。

そこは、依頼された企業を回って集団検診をする会社で、日曜日の出勤がなく、夜勤もない日勤常勤の仕事でした。

そこの仕事は、毎朝出勤すると、健診車のバスにのり依頼された会社に出かけていきます。
毎日違う場所に出かけるので、ドライブ感覚で仕事ができるという楽しみもありました。

仕事の内容は血圧測定、検尿や採血、心電図やレントゲンなどでした。
命にかかわる病気やけがをした人の治療と違い、健康な方を相手にするので、精神的にも楽でした。

会社の従業員が列を作って順番に検査を受け、昼ごろには、集団検診が終わります。

しかも、昼食は殆ど企業側で準備してくれるので、経済的な面でもメリットがありました。
1日に2か所か3か所の企業を回りますが、隣の県の会社から依頼される場合には、1日に1か所しか回れなかったりします。

健診センターの仕事は、夜勤も時間外勤務もないので、病院勤務よりももちろん給料は安価です。
しかし肉体的にも精神的にもゆとり持って仕事が出来たのがとても良かったです。

それまでの忙しい勤務とは異なっていたのですが、人生にはそんな時が必要な時がありますね。
しっかりとリフレッシュできました。

 

夜勤を続けられない事情ができたとき、こういったゆとりのある職場に転勤するというのは、大切なことだと思います。
また、バリバリと働きたくなったときに、再度転職するということもできます。→体験談②へ

 

おすすめの看護師求人サイトはこちらの記事へ 

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

夜勤なしで働くことと、看護師としてのスキルアップ

夜勤の無い職場で働く事を希望している看護師は少なくありません。
看護師としてだけではなく、スキルアップすることで、より夜勤の無い職場で働きやすくなるという事はあります。

認定看護師専門看護師になると、夜勤をせずに日勤だけの勤務になる事が多いです。
講演会や研修会に講師となって出かけることもあります。

認定看護師や専門看護師は、他のスタッフや看護師の指導をする立場になります。
他の医療機関に出かけていき指導をすることもあります。

看護師としてスキルアップすることで、同じ職場でも勤務条件が以前とは異なったものになるのです。
またスキルアップすることで、より条件の良い職場に就職できるということもあります。
希望の条件で探す職場の幅が、ますます広くなると言えます。

結婚して家庭に入った時の事を考えて、早めにスキルアップする準備を始めておくことは大切です。
資格をとって、保健師になる方法もあります。

もちろんスキルアップをしなくても、夜勤の無い職場で働く事は出来ます。
看護師といえば、夜勤はつきものと思われがちです。

しかし夜勤の無い職場でも、看護師として働く職場は多くあります。
自分の生活に合った職場選びをすればよいのです。

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る

 

看護師の、家庭と仕事の両立

看護師は家庭と仕事の両立がしたい

結婚して家庭を持っている看護師は基本的に家庭と仕事の両立をしたいと考えています。
でなければ、看護師の仕事を辞めるか離婚をするかを選択しなければならなくなるからです。

看護師の資格を頑張って取得したのですから、できる事なら仕事を続けたいのです。
結婚をして家庭を持ったのですから、家庭を大切にしたいと思うのは当然です。

結局、家庭と仕事を両立する事が出来る、夜勤のない職場を選択しようと考えます。

看護師として働く事が出来る職場の幅は広く、医療機関から福祉施設、一般の会社まであります。

家庭と仕事を両立できる職場選びは、そんなに難しくはないのです。

 

看護師の家庭と仕事の両立が出来る職場は?

クリニックなどは、家庭を持って子育て中の看護師には適している職場です。
自宅近辺のクリニックであれば、なおさら都合が良いです。

子供の送り迎えにも便利です。
クリニックによっては、昼休みに自宅に戻ることもできます。

夜勤や日曜勤務がなく、時間外勤務もないというところが魅力的ですね。
看護師でも夜勤業務の無い職場は、訪問介護や派遣の仕事、産業看護師の仕事など多くあります。

家庭を持っても、看護師の仕事をあきらめる必要はありません。

 

Top 看護師 夜勤なしの求人探しへ戻る